TOP 同窓会

ご挨拶(校長)


校長 髙槻 信博

 同窓生の皆様には、益々ご健勝ご活躍のこととお喜び申し上げます。また、平素より母校に対する深い愛情とともに、本校の教育活動に対しましてご支援とご協力をいただき、心から感謝申し上げます。
 土家槇夫校長の後任として県立玉島高校より転任して参りました、高槻信博と申します。岡山県を代表する普通科進学校として県民から信頼され、期待を寄せられている本校に勤務させていただくことは、大きな名誉であると同時に責任の重さを感じております。微力ながら本校発展のため、努力して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
 本校の使命は、知・徳・体のバランスのとれた教育を行い、国内や国際的な舞台で活躍でき、激動の時代を生き抜くたくましい人材を育成することにあります。諸先輩方から脈々と受け継ぎ、発展してこられた青陵文化を大切にしながら、「自主・責任・挑戦」を旨に教育を行い、教科学習や諸活動に「文武不岐」の精神で取り組ませることで、生徒が「高質な学力」を身に付けることを目指しております。そして、これからの社会に貢献できる人材として巣立っていくことを期待しております。
 同窓生の皆様からのご声援は、生徒はもとより教職員にとりましても心強いものであります。今、本校では、キャリア教育の一環で「本物に出会う空間の提供」と題し、実社会の第一線で活躍されている方々から学んだり、企業や文化施設の訪問等のフィールドワークを行ったりしています。同窓生の方々からお力をお借りする場面もあるのではないかと考えています。
 今後も、岡山県を代表する学校として期待され信頼されるよう、また、卒業生にとって、「誇れる母校」として存在し続けるよう、恵まれた学習環境とこれまでの成果を生かし、教職員一丸となって、青陵高校のさらなる充実・発展に邁進していきたいと考えています。今後とも母校へのご声援とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。